リトル・サイエンティスト ヘアサロン専用サイト

アーカイブ

BATRA <バトラ>(業務用)

サブタイトル

商品
リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。リード文が入ります。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

Keratino PLEX

3種混合原液

疎水を造る
リトルオリジナルケラチンを含む3種類の異なった起源および低・中・高分子の疎水グラフトPPTを配合したトリートメントです。
3種混合原液
「疎水グラフトPPT」がさらに進化!?

その名も「スーパー疎水グラフトPPT」!
従来の「疎水グラフトPPT」より
さらに疎水結合だけでなく、S-S結合も利用することで
より疎水の環境を続け、持続させることができるようになりました。

商品概要

デザインカラーの敷居を下げる。

ブリーチをして時間が経つと出てしまう、切れ毛やパサつきを防ぐために処理を行うことはとても大事です。
しかし、どんな処理をしたらいいか分からない方、いませんか?
BATRAは、ブリーチ剤やカラー剤の総量の5%使用するだけで、切れ毛やパサつきを防ぎ、かつダメージ毛でも、その後のパーマやカラー施術ができるようになります。

実証実験

BATRA バトラの性能について、実証実験を実施しました。

商品スペック

商品のスペックを一覧表にしました。
有効成分

・油溶性ケラチン※1
・マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
・マカデミアナッツ種子油
・シア脂
・ナノ化CMC※2

※1 ドデシルPGケラチン(羽毛)、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3
※2 コレステロール、クオタニウム-33、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP

香り フルーツの香り
使用方法 ①プレシャンプー後、しっかり髪を乾かします。
②ヘアカラー剤または、ヘアブリーチ剤の使用総量に対して、5%を目安にバトラを水に希釈(水:バトラ 20:1)します。
 ※他のプレックス剤同様に、使用総量の5%を目安にご使用することもできます。
③ダメージ部を中心に揉み込み後、余分な水分をふき取ります。
④ヘアブリーチまたは、ヘアカラー施術を行ってください。
⑤その後、シャンプーし、よく洗い流します。
(CMCケアシャンプー推奨)
⑥後処理にはデトラをご使用し、洗い流します。
(ホームケアとして、デトラの1週間継続使用を推奨します。)
⑦髪を乾燥し、仕上げてください。

※使用シャンプーとしては、CMCケアシャンプーを推奨。

ご注意 ○頭皮に傷、はれもの、湿疹等異常があるときは使用しないでください。
〇お肌に異常がないかよく注意して使用してください。本品がお肌に合わないときは、ご使用をおやめください。
〇使用中や使用後に赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれたときは使用を中止し、皮膚科専門医等へご相談ください。
○目に入ったときは、すぐに水でよく洗い流してください。
〇乳幼児の手の届かないところに保管してください。
〇高温や直射日光を避けて保管してください。
販売名 バトラ

Q&A

よくあるお問い合わせ

Q1:BATRA はどんな髪質に向いていますか?
A1:すべての髪に使用可能ですが、特に細い髪~普通毛、ダメージによって柔らかくなってしまった髪に効果があります。

Q2:BATRA は、カラーリングをしていない場合は(黒髪)、使わないほうが良いですか?
A2:施術を始める時の髪の状態のカラーの有無に関わらずブリーチ、カラー施術のダメージから髪を守るために使用していただく事ができる商品です。

Q3:プレックス機能があるブリーチ剤と組み合わせて併用してもいいですか?
A3:併用することは可能です。プレックスブリーチにもいろいろな種類がありますので、併用した質感のチェックなどを毛束で行っていただいてからご使用いただく事をお勧めします。

Q4:リケラプラスリノベーターをプレックス剤として10%使用していますが、併用したほうが良いですか?
A4:リケラプラスリノベーターを使用される場合は、併用する必要はありません。

Q5:プレックス剤として使用する際は、原液を 5%使用するのですか?5%水溶液を使用するのでしょうか?
A5:プレックス剤として使用する場合は、従来他社のプレックス剤と同様にブリーチ剤やカラー剤に対して BATRAの原液を5%使用となります。

Q6:BATRA で骨格矯正はできますか?
A6:BATRA は、 ダメージのある髪に対して強度を増すためにケラチンの骨格の補強と CMC 骨格の補充を行います。骨格補強のレベルであり、骨格矯正(髪の s-s 結合を作り、CMC 骨格をプラスしながらヘアアイロンを用いてゆがんだ髪も戻していくという意味)では、BATRA のみでは形をまっすぐにすることは難しいです。還元剤と他の処理剤と共に BATRA と後処理に DETRA を併用していきます。

Q7:BATRA はクセ毛には効きますか?
A7:BATRA はカラーダメージによる広がりをまとまりやすくすることが得意です。雨の日に広がり、ぺちゃんこに
なるうねり毛には収まりを作りますが、通常のクセ毛には効果があるわけではありません。

Q8:ブリーチ施術中に、上から追いブリーチを追加塗付していく場合は、どうやって使用したらよいですか?
A8:上からの追いブリーチの追加塗布には、プレックス法の BATRA 使用をしていただくと効果的です。

Q9:ストレート、縮毛矯正で施術する際に、使用してもよいでしょうか?
A9:プレックス剤として5%使用することは可能です。

 

Q10:弾力のある毛(多毛、硬毛、健康毛)に使用する必要がありますか?
A10:上記の 3 つの条件がそろった場合においては、そこまで必要ないと考えます。ただし、今回の施術がブリーチ施術のような、ダメージを作るハイ施術においては、お使いいただくとダメージから髪を守ります。

Q11:BATRA を仮に10%使用したら質感、強度に差がありますか?
A11:5%使用で結果が出るように設計しておりますので、5%使用でお使いください。

Q12:BATRA プレックス法と水希釈でするやり方では質感、強度の差はありますか?
A12:おなじ5%使用であれば質感、強度の差はありません。水希釈での使用は、髪の中にしっかり浸透するように余らせることなく髪になじませてください。余分な水分が出た場合は、タオルでふき取ってください。

Q13:希釈した水溶液をスプレイヤーで使用してもいいですか?
A13:スプレイヤーでの使用は可能です。スプレイヤーの種類によってつまりなどが起きることがあります。注意してお使いください。また、スプレイヤー使用の際に、使用量分はすべて使い切っていただくようにしてください。

Q14:カラーの色持ちは良くなりますか?
A14:色の持続性は、シャンプー剤の選定、後処理が重要です。トリートメントには、当社商品の DETRA がおすすめです。