リトル・サイエンティスト ヘアサロン専用サイト

アーカイブ

教えて!教えて!肌と髪の疑問(9)

Q.マネージャーの裏技オイルですが、お客様には基本的に洗髪時にトリートメントと混ぜて使うように説明しております。評判はまずまず。しかし、洗髪時以外で使用する場合、ちょっと扱いが難しいようです。(量の問題だと思うのですが…)

  こういう私も、実はちょっと苦手なアイテムです。お客様に説明できる「簡単で上手な使い方」がありましたら教えてください。

  追加ですが、裏技オイルは、なかなか減りませんね。

 

A.あなたのご質問はお客様がご購入された場合の使い方ですね。

 マネージャーの裏技オイルは名前の通り業務用の製品です。サロンの皆さんの施術に多様性を持たせるためにすべるオイルを濃縮したもので、濃厚なためにサロン外では少々使いにくいですね。洗髪時にトリートメントに混ぜていただく方法は、実際の施術でも行っていることなので分かりやすいですが、実際お客様がシャンプー後にトリートメントを手にとって、マネージャーの裏技オイルを加えて混ぜてから髪につけるという操作は大変です。むしろ、トリートメントを髪につけて馴染ませて、その上から髪に裏技オイルを馴染ませるほうが使いやすいと思います。

 洗髪外で使用する場合には、濃厚なので髪に伸びにくく使いにくいかもしれませんね。使用量は5滴(5プッシュではないですよ)程度と少しなので、手のひらで暖めながら伸ばして髪全体に手櫛のように伸ばすのがよく、オイルをかたまりのまま髪につけてはいけません。できれば乳液タイプ(白い液体)のミストか、つけっぱなしのトリートメントの後につけたほうが表面に薄いオイル膜をつけることができ、次の施術に迷惑をかけません。現在、MIUというシリーズでトリートメントオイルを開発しています。10月には皆様の手元にお届けできると思いますが、このオイルがお客様が洗髪外に使用するのに適しています。

 その他、マネージャーの裏技オイルはアイロンパーマの保護オイルとして理容店で効果を発揮しています。市販のアイロン熱の保護剤に混ぜて使っているようです。ストレートパーマのアイロン前にも使われます。カラーではカラー1剤に1プッシュ混ぜるとカラーのツヤが向上します。パーマ液の入ったアプリケーターに1プッシュ入れてシャカシャカ混ぜ合わせて使うとカールがプルンプルンになるようです。色々と使えますので皆さんも試してみてください。