リトル・サイエンティスト ヘアサロン専用サイト

アーカイブ

教えて!教えて!肌と髪の疑問(18)

Q.今までのトリートメントに対してのイメージは、施術の後にするものだと思っていましたが、こちらの商品は前処理や中間処理に重点を置いていると思います。確かに結果の違いは明白なのですが、前と後ではどのように違うのでしょうか。それと、カラーやパーマの時にトリートメントをすることで、(15)のところで「理想はゆっくり癒す」ことで補修にも繋がっていくのでしょうか。お考えを教えてください。

 

A. ご指摘の通り、私は髪の毛が一番傷むときにPPTなどの処理をするようにお話しています。前処理は髪を守り、ダメージを最小限にするために、中間処理はダメージしやすい状態を利用して逆に薬剤を髪に染み込ませることができるために利用するのですね。髪は芯から直そうとすることが大切ですから、後処理だけではキューティクルへの対応しかできないのです。したがって、あなたが感じている違いは肌の状態が良い女性がファンデーションで美しく化粧した状態と肌が傷んでボロボロな状態なのに下地クリームとファンデーションでお化粧した状態の違いなんです。その違いが光の反射でもわかるのですよ。そして、綺麗な素肌は傷めない様に気を付けることと、傷むような無理をしなくてはいけない場合はすぐにお手入れをすることなのです。それが前処理や中間処理です。それがうまくいけば後処理だけでもゆっくり癒すことができます。あなたのお客様はそういうお付き合いを望んでいると思いますよ。傷んでからの駆け込み寺が必要ないような美容の世界を作りましょうね。