リトル・サイエンティスト ヘアサロン専用サイト

アーカイブ

髪の状態、年齢に応じたヘアケアを…

研究開発の能勢です。
本日は1月14日、成人の日ですね。
多くの地域では、昨日の13日に成人式が開催されたようですが、

成人式を迎えられた皆様、おめでとうございます!

また、成人式を迎える方の準備でお忙しい多くの理美容関係者の方々、お疲れ様です。

 

3年後の2022年は、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられますが、

18~20歳になられる方が一緒に成人式をとなったら、大変ですね.....どうなるのですかね。

 

年齢といえば、ただ生まれて過ごした年数に限らず、身体の変化としても表れます。子供から大人への成長。

そして大人になっても身体の変化は止まらす、年を重ねると変化していきます。これが「老化」ですね。

老化ときくとあまりよくは聞こえないですし、聞きたくないですよね。

しかし、だれもが日々の少しずつ変化し避けることができないもの。

 

アンチエイジングは女性に限らず気になるキーワードですが、

少しでも、衰えさせない、感じさせないということは理想ですがそんなわけにはいきません。

ですから、アンチエイジングだけに拘らず、自分にあったケアも重要になってきます。

何歳であっても自分らしく美しくあるために。

 

年齢による身体の変化は様々な形で表れます。実は髪も年齢と共に変化しています。
子供のころは細く柔らかい髪が、大人になるにつれハリコシがでたり、

一方で年を重ねていつの間にか、なんだかボリュームがなく分け目が気になるようになったとか。

 

髪も年齢により変化します。髪の毛1本1本の太さも変化します。

髪毛の中にある脂質もタンパク質の状態も変化しています。

この変化によって紫外線や熱などのダメージの受けやすさも変わります。

 

髪の太さでみてみると、男性は20代前半、女性は35歳前後でピークを迎え、その後は年齢と共に徐々に細くなっていきます。

太い髪はハリコシがありしなやかで、ダメージを感じにくいですが、

細くなった髪では以前はこのくらいではダメージを感じなかったのにというくらいのダメージでも

髪が影響を受けます。

年齢と髪の状態によって、ダメージケア、エイジングケアを主としたヘアケアが必要になってきます。

時にはその両方が必要な時もあります。

 

リトルサイエンティストでは、髪質に応じていくつかのシャンプーやトリートメントをご用意させて頂いております。

成人式を迎えられた方、20歳前半の方はダメージケアを主として、ベータレイヤーCMCシャンプー、トリートメントを、

またヘアアイロンやコテをよく使われる方には、髪を熱から守るリケラミストをおススメします。

 

2019.01.14