リトル・サイエンティスト ヘアサロン専用サイト

アーカイブ

クリームバス リマサリ

クリームバス リマサリ

リトルサイエンティストのクリームバスのこだわりについて書きます。

蜂蜜とアルエベラをたっぷり練りこんだクリームバスは、頭皮と髪のどちらも美しくする

ヘッドマッサージアイテムで、香りも蜂蜜そのものです。
 

クリームバスはアーユルベーダがバリ島に伝わり伝統化したクリームで、

ココナツミルクの中に蜂蜜やアロエなどの薬草を加えて、モテ髪」をつくるために、

ジャワの女性たちが作り上げた伝統的なジャムウ(生薬)のひとつです。
頭皮や髪に栄養成分をしっかり揉みこむために、洗い流した後に髪は生き返ったようにしなやかになります。

 

そもそもバリ語で。「サリ」は「蜂蜜」の意味もあり、バリの女性たちも大切に

蜂蜜を美容に使っていたのでしょう。

日本ではクリームバスとヘアトリートメントの区別がついていませんが、

リトルではクリームバスはスキンクリームと同じと考えています。

ヘアトリートメントは良くカチオン系界面活性剤を配合して髪にトリートメント効果を出しますが、

このカチオン系界面活性剤は頭皮(毛乳頭)には刺激になるために、よく洗い流さないと薄毛の原因になります。

 

クリームバスはそもそも頭皮のマッサージに使用するものですから、

頭皮に刺激になるものは使わないのが原則です。

しかし、よく日本で販売されているクリームバスにはカチオン系界面活性剤が配合されているのを見かけます。

おそらく、クリームバスだけでは洗い流す時にキシミがでるからでしょうね。

 

リトルでは髪をトリートメントするときには、リマサリのトリートメントを用意しています。

クリームバスの後に髪にキシミがあれば、髪にリマサリトリートメントをすればいいと、

リトルでは考えています。

それが本来のクリームバスとヘアトリートメントの違いだ考えているからです。

本物を目指しているからこだわる。クリームバスにカチオン系界面活性剤は入れていけません。

 

冬は温めて、夏は冷やしてクリームバスヘッドスパ。
お客さんの喜ぶ笑顔がみたくて作りました。

 

37787905_1775615705841622_740270766318157824_n

 

37685236_1775615712508288_141558849311080448_n

 

37775448_1775615729174953_5977131236508827648_n

                     2018.07.24