リトル・サイエンティスト ヘアサロン専用サイト

アーカイブ

タイトル

秋の頭皮ケア【乾燥肌の方に】

季節の変わり目は、頭皮トラブルのとき。

だからこそ、秋に頭皮ケアを始めましょう!

~ 乾燥肌の方 編 ~

頭皮がバランスを崩す季節はズバリ、秋!

なぜなら、夏の疲れがたまっているから。

夏バテ頭皮は、冷房の当たりすぎでご本人が思っている以上に頭皮が乾燥しています。

なので、

クリームバス + マッサージで、 “たっぷり“ うるおいと栄養を、チャージ!

 

まずは、流れを

まずは、

うるおいのクリームバスマッサージの流れを見ていきましょう。

① 首にホットタオルをしきます。

② 3種類のオイルエッセンス リマサリから、好みの香りを選んでもらいます。それを頭皮に塗布します。

③ 軽くマッサージします。頭皮の余分な汚れをオイルで浮かせるイメージ。

④ スキャルプクレンジング リマサリで洗い流します。プレーンリンスもやさしく、しっかりと。

⑤ クリームバス リマサリを耐熱カップに入れて電子レンジでチンします。500Wで30秒、40℃ぐらいが目安です。

⑥ クリームバスマッサージ。指を滑らせながら。頭皮に栄養を浸透させるイメージで。

⑦ ホットタオルでタオルターバンします。さらにシャワーキャップを被せて温めたまま10分放置。

⑧ プレーンリンス。勢いを弱めで、やさしく

⑨ ヘアトリートメント リマサリを、毛先中心につけて全体になじませます。

⑩ ドライ+仕上げ。

この流れは、一番下に印刷できるようにまとめてありますので、そちらもご利用ください。

文字で読むより、ムービーですよね(笑)

ということで、どうぞ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

こんな演出がGOODですよ!

このマッサージで大事なことは、

冷えて乾燥した頭皮をうるおいで満たすこと。

そして、栄養をチャージすること。

なので、演出として大事なことは、

1.うるおい感 + 栄養チャージ

クリームバスにはハチミツとアロエベラ液汁がたっぷりと配合されていますから、

そんな説明とともに、

クリームバスをたっぷりとつけて、良くなじませることで

うるおい感を感じることができます。

さらに、ミネラル分が豊富に含まれているアルゲエキスや、

頭皮の悩みに対応した天然植物エキスを厳選して配合していますので、

栄養チャージもしっかりと行えます。

クリームバスをつけてなじませるところ(フローの⑥)で、

ゆーーーーーーーーーっくりと行うと、

じわーーーーーーーーってなじんでいくのを

お客さまが実感されるでしょう。

 

クリームバスイメージA-1_IMG_1554

 

2.頭皮への浸透感

これはもう、

温めながら時間を置くことで浸透を促す。

これに尽きます!!!

ホットタオルでタオルターバンをしたのち、

さらにシャワーキャップを被せてスチームなどで温めます。

その後、10分ほど放置します。

こうすると、じんわりと温まる + 熟成されていくのが感じられ、

お客さまの満足度、気持ちよさがアップします。

vs170824-003

 

3.香りでリラックス

これは、初めに行うことが重要です。

これからマッサージを行おうとしているのに、

体も心も緊張していては、頭皮の硬さほぐれるはずがありません。

まずは、3種類のオイルエッセンス リマサリの中から、

一番好きな香り、一番気になる香りを選んでもらいます。

そして、それを頭皮に塗布します。

さらに、フェイスタオルに1滴 塗布してから

お顔に被せると、ちょうどいい香りがしてきて

マッサージを始めるころにはリラックスモードです。

じつは、こういう細かい演出が、お客さまの状態をぐーーーーっと良い方向に

引き上げてくれるのです。

リマサリオイル_イメージ

始めはオイルの香りでリラックスし、

クリームバスをつけるとハチミツの甘い香りがただよってくる。

最後のヘアトリートメント リマサリは蓮の花(ロータス)をイメージした香り。

マッサージを受けている間に、いろいろな柔らかい香りが、入れ替わり 立ち代わり。

それも、前の香りをジャマしない、それぞれが調和しながらも、主張してくる。

そんな演出も、お客さまの満足度を高めるポイントになるのではないでしょうか?

 

メニューのご提案です。

メニューのご提案をします。

1.ターゲット

カットのみのお客さまに、夏バテ頭皮を和らげるクリームバスマッサージをご提案してはいかがでしょうか?

カラーのお客さまに、カラー後の頭皮をいたわる意味も含めて、クリームバスマッサージをご提案してはいかがでしょうか?

2.かかる時間

これ、大事ですよね。

通常のシャンプーにプラスして行うメニューとして、

プラス10~15分程度。

このぐらいがお客さまへもアプローチしやすいのではないですか?

3.粧剤の使用量

粧剤は、

オイル 1スポイト

シャンプー 3~6g

ヘアトリートメント 3~6g

クリームバス できればたっぷりと

これを目安に、お客さまの髪の長さやご要望に応じてアレンジしてください。

4.メニュー価格

プラス 1,000~1,500円 ぐらいで。

これぐらいがお客さまも注文しやすい料金ですね。

10分1,000円という計算をお客さまは自然としてしまうものです。

それを、予想以上のテクニックと効果で、いい意味で裏切りましょう!

 

使う粧剤

使う粧剤は、以下の通りです。

それぞれ、画像をクリックすると商品ページにジャンプしますので、

詳しくはそちらをご覧ください。

        Lima_シャン200_ボトル-箱

      Lima_トリ200_ボトル-箱

    クリームバスイメージA-1_IMG_1554

    Lima_オイル30_集合

(画像をクリックして、商品ページにジャンプ!)

秋の頭皮ケア【乾燥肌の方に】まとめ

今回は、夏バテ頭皮を和らげるスパメニューをご提案しました。

お客さまへの演出と、テクニック。

これが合わさることで

お客さまの喜びの声が聞こえてきそうですね。