商品

β-LAYER MIST&EMULSION(上品なカシスをイメージした香り)カラーやパーマで失われた機能を修復し、何度もオシャレを楽しむためのトリートメント。 それは、髪のβ層の修復に着目し、髪のバリア機能を整えるCMC成分を配合したベータレイヤートリートメントです。

  • ラインナップ
  • CMCとは
  • ナノ化CMC成分
  • カタログ

ラインナップ

髪のβ層に存在するキューティクルCMCはダメージを受けると流出しやすくなります。ベータレイヤーシリーズはナノという非常に小さな単位まで微細化したCMC成分を配合。
これによりCMC成分が髪の内部まで素早く浸透修復。さらに、液晶乳化セラミドとの相乗効果によりカラー・パーマなどでダメージを受けた髪を内部から集中的にケアし、髪にうるおいと自然なツヤを与えます。

  • 【ベータレイヤーミスト】ブローやアイロンの前に。 ダメージ毛を熱から守る髪の補修化粧水

    詳しくはこちら

    コテやアイロンをよく使う髪に 200mL / 2,900円 500g (レフィル)/  5,700円 ※表示価格はすべて税抜です。

  • 【ベータレイヤーエマルジョン】インバス・アウトバスにも。 ハードダメージケア用補修トリートメント

    詳しくはこちら

    カラーやパーマでハードダメージの髪に 200mL / 3,800円 500g (レフィル)/  7,500円 ※表示価格はすべて税抜です。

CMCとは

CMC (細胞膜複合体)

CMCは接着物質

髪の毛はメデュラ・コルテックス・キューティクルの3層からなり、メデュラを中心に多数のコルテックス、そして表面を多層のキューティクルが覆っていますが、それだけでは剥がれてしまい、髪はバラバラになってしまいます。そうした髪のバラつきを抑え、繋ぎ止める接着剤的な役割をしているのがCMCです。このCMCの働きによって髪のバリア機能が高まり、柔軟性やツヤ、水分を一定に保つことができるのです。
ところが、CMCはアルカリに大変弱く、カラーやパーマ施術により流出し柔らかさがなくなり、髪が硬くパサついてしまうのです。

CMC は水分と油分の通り路

水分や油分はすべてCMCを通り路として毛髪内部を行き来します。
ダメージで失ったCMCを補給して通り路を作ることで、ラメラ構造が整い、毛髪を健康に保つために必要な水分と油分を毛髪内部に浸透させます。

髪のバリア機能が上がります。|髪のバリア機能が上がります。|カラーやパーマのもちが良くなります。|使うごとにトリートメントの効果がUP。|髪がもともと持っている機能が回復。

路づくりメカニズム

  • ナノ化していないCMCの場合 毛髪内部に入りにくい

  • ナノ化CMCの場合 CMC 成分を微細化=ナノ化しているため、髪の内部まで素早く浸透します。そのため、水分と油分の通り路が整い、毛髪内部へ浸透します。

浸透性実験

ナノ化CMCが通り路を作り、水分と油分を内部まで浸透させます。

  • それぞれの液に毛束を浮かべ、沈み具合を比較

  • それぞれの液を染み込ませたスポンジにオイルを垂らし、浸透性を比較

ナノ化CMC成分

  • 液晶乳化セラミド(セラミドNG)

    セラミドは肌や髪に含まれる、うるおいには欠かせない成分です。ベータレイヤーシリーズには、髪に含まれるものと同じ「セラミドNG」を配合しているため、浸透性と安定性が向上します。また、保湿作用が高いため髪のバサつきやダメージを補修します。

  • 18-MEA(クオタニウムー33)

    18-MEAはキューティクルだけに備わった天然の保護膜です。キューティクル表面を覆っていて、水をはじき、皮脂をつたわらせる重要な役割を持っています。ベータレイヤーシリーズには、カチオン化した18-MEAを配合。ダメージ部分に特に吸着するとともにバリア機能が再生されるため、髪表面にツヤがよみがえってきます。

  • コレステロール

    セラミドと一緒に髪内部のCMCを構成する成分で、ラメラ構造形成に重要な役割を果たしています。ベータレイヤーシリーズはコレステロールも配合し、セラミドNGとともにラメラ構造を修復します。

髪の断面図

カタログ

カタログページからPDFをダウンロードできます

リトルサイエンティストはこちら